ご購入はこちら

写真:柿のさち 薬用柿渋石鹸 110g 柿のさち 薬用柿渋石鹸 110g 2,160円
  • 公式オンラインショップで購入する
写真:柿のさち 薬用柿渋石鹸 450ml 柿のさち 薬用柿渋石鹸 450ml 2,160円
  • 公式オンラインショップで購入する
柿のさち薬用柿渋石鹸+薬用柿渋ボディソープセット 写真:柿のさち 薬用柿渋石鹸 450ml 柿のさち 薬用柿渋石鹸 450ml 2,160円
  • 公式オンラインショップで購入する
今も昔も男には負けられない戦がある。 体臭と戦うニッポンの侍たちに。侍石鹸『柿のさち』男がいったん家の敷居をまたぐと、外には多くの敵が待ち構えていると言われる。朝、目覚めた時から加齢臭・汗臭・足臭など、体臭という敵がいるのが現代社会。より苛酷な時代を生き抜く現代の戦う侍たちに。山中の賊を破るは易く、体臭という賊を破るは難し。しぶとい体臭と戦う現代の戦国武将に。侍石鹸『柿のさち』

薬用柿渋石鹸「柿のさち」の特徴

  • 01、日本古来の天然素材「柿渋」に注目。02、柿渋エキスほか
厳選成分配合。03、「柿のさち」の消臭率約95%
  • 04、高い清浄&殺菌・消毒&保湿力。05、特許の泡立ち。06、国内自社製造へのこだわり

特徴01 日本古来の天然素材「柿渋」に注目

安心・安全な松江市・東出雲のプレミアム柿から抽出した、柿渋エキス配合。

柿渋エキスの素となる柿渋は、“マルハタの干し柿”として、有名な「松江市・東出雲」のブランド柿(西条柿)から抽出しています。
柿渋のトレーサビリティ※をはっきりして製造・販売している柿渋石鹸は、国内ではマックスの製品のみです。
※トレーサビリティ
農産物・食品・医薬品・工業製品などの商品やその原材料・部品などを個別に識別し、生産から加工・流通・販売・廃棄までの過程を明確に記録することによって、商品からさかのぼって履歴情報を確認できるようにすること。

特徴02 柿渋エキスほか厳選成分配合

柿渋エキスをはじめ、ニオイを防ぐ7つの成分を配合しています。

マックスは古来より防菌防臭として活用されてきた自然素材「柿渋」の力にいち早く着目。
先人の知恵を活かした「柿渋エキス」のほか厳選成分を配合。
身体のニオイの悩みにお応えし、健やかな肌へ導きます。

ニオイの原因となる皮脂を毛穴から
洗い流します。

ニオイの原因となる菌を殺菌。
ニオイを防ぎます。

柿タンニンは、緑茶のタンニンに比べ、防臭作用が高いという研究結果が得られており、皮膚の保護をおこないます。

ハマメリスの葉から抽出して得られるエキス。
ヨーロッパでは民間薬として収れん剤、止血剤としても使われています。

セイヨウトチノキの果実または葉を抽出して得られます。
化粧品に配合すると抗炎症作用、収れん作用、毛細血管浸透作用、抗浮腫作用、血行促進作用があるといわれています。

赤ブドウの葉から抽出して得られるエキス。
抗酸化作用、消炎作用、収れん作用、血行促進作用があると言われ、脂性肌用および敏感肌用のクリーム、乳液、化粧水などに使用されます。

日焼け予防や収れん作用、消炎作用、止血作用があると言われ、化粧水、乳液などに使用されています。

セイヨウキズタの茎および葉から抽出したエキス。
成分としてはサポニン、フラボノイド、有機酸などを含み、清浄作用、抗炎症作用、痩身作用があると言われています。

キク科の植物であるアルニカの花から抽出して得られたエキス。
ヨーロッパでは民間薬として広く用いられるハーブでカロチノイド、フラボン、タンニン、トテルペノイド、サポニンなどの成分を含み、抗炎症、血行促進の働きがあると言われています。

特徴03 薬用柿渋石鹸「柿のさち」の消臭率97%

薬用柿渋石鹸「柿のさち」が、イヤなニオイ原因であるノネナールを
96.9%除去することが科学的に実証されました。

汗臭(酢酸)98.0%消臭、足臭(イソ吉草酸)97.6%消臭、体臭・加齢臭(ノネナール)96.9%消臭

特徴04 高い洗浄&殺菌・消毒&保湿力

体臭・加齢臭の主な原因は、「皮脂汚れ」「細菌(バクテリア)」「ノネナール」の3つ。
まず、毛穴などに詰まった「皮脂汚れ」が紫外線によって酸化。そこから
「細菌(バクテリア)」が繁殖・発酵して、「ノネナール」という悪臭成分が発生します。
人は40歳を過ぎた頃から、この皮脂の酸化への抵抗力が弱くなってしまうため、「ノネナール」を発生しやすい状態になります。
体臭や加齢臭を防ぐには、この「ノネナール」対策をする必要があります。

  • STEP1 洗浄 ニオイの原因を洗い流す
    まずはニオイの元となる、毛穴に詰まった皮脂汚れのケアから。
    清浄成分「ベントナイト」が、現状のニオイの原因となっているノネナールを発生させる皮脂を毛穴から洗い流します。
  • STEP2 殺菌消毒 ニオイの原因菌を薬用成分で殺菌&消毒
    「トリクロカルバン」配合により、ニオイの元となる雑菌の繁殖を防ぎ、毛穴や肌を清潔にしながら洗浄して、気になるニオイを発生源から防ぎます。
  • STEP3 健康的なお肌へ ニオイを発生させないお肌に
    古来からニオイを消臭するといわれている「柿渋」に含まれる保湿成分「カキタンニン」でお肌しっとり。加齢臭が発生しにくい、みずみずしいお肌づくりを目指します。

特徴05 特許の泡立ち

薬用柿渋石鹸「柿のさち」では、当社が取得した特許製法※で、泡立ちが従来品より大幅アップ。きめ細かな泡が毛穴の奥まで入り込み、皮脂や汚れをやさしく洗い上げます。

※特許登録(特許第3774453号)石鹸組成物特許

図: 新・柿のさち 泡立ちが従来品より大幅UP!

特徴06 国内自社製造へのこだわり

製造から出荷まで一貫して国内製造

石鹸は直接お肌にふれるものだから、製造工程では徹底して品質を管理しています。
自社工場の清潔な環境で、ひとつひとつ注意深く製品づくりはおこなわれています。
柿渋エキスをはじめ、原材料にもとことんこだわって、創業当時からの「よき石鹸づくり」に邁進しています。

ご購入はこちら

写真:柿のさち 薬用柿渋石鹸 110g 柿のさち 薬用柿渋石鹸 110g 2,160円
  • 公式オンラインショップで購入する
写真:柿のさち 薬用柿渋石鹸 450ml 柿のさち 薬用柿渋石鹸 450ml 2,160円
  • 公式オンラインショップで購入する
柿のさち薬用柿渋石鹸+薬用柿渋ボディソープセット 写真:柿のさち 薬用柿渋石鹸 450ml 柿のさち 薬用柿渋石鹸 450ml 2,160円
  • 公式オンラインショップで購入する

「真田」ゆかりの地を訪ねる

薬用石鹸「柿のさち」シリーズにNHK大河ドラマ「真田丸」バージョンの
パッケージが登場

マックス石鹸「柿のさち」、ブランド開発担当の藤田です!
この度、柿渋エキス配合の薬用石鹸「柿のさち」シリーズにNHK大河ドラマ「真田丸」バージョンのパッケージが登場しました!
ニオイを断つ!体臭・加齢臭と戦う!というキーワードで、ドラマの戦国武将のように勇ましくニオイケアに取り組んでいただきたいとの想いを込めて商品化しました。
今年だけの限定商品となりますが、これまでの「柿のさち」シリーズと同様に、是非ご愛用いただければ幸いです!
さて、今回、真田丸パッケージの発売に際しまして、長野県、大阪府、和歌山県と“真田ゆかりの地”を訪ねてみました。歴史に興味のある方はもちろん、そうでない方も、戦国ロマンを感じながらバスタイムを愉しんでみてはいかがでしょうか?

「真田」ゆかりの地(1)

まず、真田家の原点といえば、長野県上田市。
難攻不落の上田城。

パッケージデザインにも採用した真田家の家紋である六文銭は、上田城下のいたるところに散見され、まさに「真田」ゆかりの地の必見スポットです。
真田信繁の父親、真田昌幸が後に宿敵となる徳川家康の命で築城した平城で、徳川軍を少ない兵力で2度に渡って撃退したそうです。守りに優れた城だったのでしょうね。
ニオイに立ち向かう「柿のさち」のイメージピッタリの名城でした。

真田家ゆかりの上田城をバックに、柿のさち「真田丸」パッケージの薬用柿渋石鹸・柿渋ボディソープを並べて記念写真をパチリ!
薬用柿渋石鹸・柿渋ボディソープ(真田丸パッケージ)のご購入はこちら

「真田」ゆかりの地(2)

戦国舞台の中心地、大阪城。

「真田丸」の主人公、真田信繁が仕えた、天下人である豊臣秀吉が築城した大阪のシンボル。ドラマでも絢爛豪華に描かれています。
当初は上杉景勝の人質だった真田信繁が、後に秀吉のお気に入りとして、しばらくの間、側に仕えることになるんですね。

そんな天下の大阪城をバックにして再度、柿のさち「真田丸」パッケージの薬用柿渋石鹸・柿渋ボディソープを並べて記念写真をパチリ!
薬用柿渋石鹸・柿渋ボディソープ(真田丸パッケージ)のご購入はこちら

「真田」ゆかりの地(3)

長年に渡り身を潜めた和歌山県、九度山。

和歌山県の高野山の麓近くにある九度山に、関ヶ原の戦いの後、西軍として処分を受ける形で、真田信繁が流された隠れ里を訪れてみました。
九度山駅は、トイレにも六文銭の御紋があるほど真田のイメージが満載です。ここには、真田親子が住んだ屋敷跡に建てられた真田庵というお寺があります。
和歌山だけど真田ゆかりの信州そばが味わえる本格的なお店もあったり、いたるところに真田の雰囲気があり歴史漂うスポットです。

哀愁を込めて、真田庵を背景に、柿のさち「真田丸」パッケージの薬用柿渋
石鹸・柿渋ボディソープを並べて記念写真をパチリ!
薬用柿渋石鹸・柿渋ボディソープ(真田丸パッケージ)のご購入はこちら

「真田」ゆかりの地(4)

再び大阪、大河ドラマのタイトルにもなった
真田丸跡。

大阪の環状線「玉造」という駅の近くになる三光神社は、大阪城の南側にあり、このあたりが「真田丸」があった場所だと言われているそうです。
冬の陣で徳川軍に甚大な被害を出し、最後まで苦しめた巨大な出城として君臨した「真田丸」跡は、謎の抜け穴伝説などもあり歴史ロマンをくすぐる場所なんですね。
「真田丸」は、後に徳川軍にすぐ解体されたらしく、その名残は何もなく、真田信繁の像だけが、ひっそりと佇んでいました。

ニオイと戦う柿渋エキスと真田丸が何となく重なって頼もしく感じつつ、柿のさち「真田丸」パッケージの薬用柿渋石鹸・柿渋ボディソープを並べて記念写真をパチリ!
薬用柿渋石鹸・柿渋ボディソープ(真田丸パッケージ)のご購入はこちら

「真田」ゆかりの地(5)

最後は、今でも多くの方が参拝に訪れる、
真田信繁最後の地、安居神社。

日本一の高さを誇るあべのハルカスがある大阪、天王寺より少し北に上がった場所にある安居神社で、真田幸村は力尽きたと言われています。
徳川軍との最後の決戦である夏の陣で、限界まで家康を追い詰めた真田幸村でしたが、数に勝る敵に盛り返され、ここで最後を迎えることになったそうです。幸村公の座り込んだ像の横には、お酒などのお供え物が多く置かれていて、これからも沢山の真田ファンがここを訪れることでしょう。

そんな、真田信繁を想いつつ、柿のさち「真田丸」パッケージの薬用柿渋石鹸・柿渋ボディソープを並べて記念写真をパチリ!
薬用柿渋石鹸・柿渋ボディソープ(真田丸パッケージ)のご購入はこちら

薬用柿渋石鹸・柿渋ボディソープ(真田丸パッケージ)と
訪れたい「真田」ゆかりの地はたくさんあります!

「真田」ゆかりの地(6)
眞田神社(長野県)
「真田」ゆかりの地(7)
上田藩主館跡(長野県)
「真田」ゆかりの地(8)
真田幸村公騎馬像(長野県)
「真田」ゆかりの地(9)
芳泉寺(長野県)
「真田」ゆかりの地(10)
大輪寺(長野県)
「真田」ゆかりの地(11)
信濃国分寺(長野県)
「真田」ゆかりの地(12)
別所温泉(長野県)
「真田」ゆかりの地(13)
真田氏本城跡(長野県)
「真田」ゆかりの地(14)
真田氏館跡(長野県)
「真田」ゆかりの地(15)
真田氏記念公園(長野県)
「真田」ゆかりの地(16)
長谷寺(長野県)
「真田」ゆかりの地(17)
信綱寺(長野県)
「真田」ゆかりの地(18)
角間渓谷(長野県)
「真田」ゆかりの地(19)
砥石城跡(長野県)
「真田」ゆかりの地(20)
矢沢城跡(長野県)
「真田」ゆかりの地(21)
松代城跡(長野県)
「真田」ゆかりの地(22)
長国寺(長野県)
「真田」ゆかりの地(23)
大鋒寺(長野県)
「真田」ゆかりの地(24)
典厩寺(長野県)
「真田」ゆかりの地(25)
沼田城跡(群馬県)
「真田」ゆかりの地(26)
正覚寺(群馬県)
「真田」ゆかりの地(27)
天桂寺(群馬県)
「真田」ゆかりの地(28)
名胡桃城址(群馬県)
「真田」ゆかりの地(29)
岩櫃城跡(群馬県)
「真田」ゆかりの地(30)
潜龍院跡(群馬県)
「真田」ゆかりの地(31)
薬師堂(栃木県)
「真田」ゆかりの地(32)
大庵寺(栃木県)
「真田」ゆかりの地(33)
小山評定跡(栃木県)
「真田」ゆかりの地(34)
須賀神社(栃木県)
「真田」ゆかりの地(35)
蓮華定院(和歌山県)

「真田」ゆかりの地を訪れた際は、柿のさち「真田丸」パッケージの薬用柿渋石鹸・柿渋ボディソープをお供に記念写真をアップしていきたいと思っています!(ブランド開発担当藤田)

戦国ロマンに想いをよせてバスタイムを愉しむ
ページトップへ
ご購入はこちら