HOME > マックスの歴史

株式会社マックスは、お客様の温かいご支援とご哀願をいただき、
明治38年より石鹸ひとすじ、2015年、創業110周年を迎えました。
100年を超える長い歴史の中においても私達は一貫して、
常にお客様に喜んでいただける高品質性を重視した製品の創造およびご提供に努めています。

明治38年 「小川石鹸製造所」の創業

明治38年3月、マックスは大阪市西成郡今宮村の地に「小川石鹸製造所」としてその産声を上げた。 創業者の小川竹治郎は愛知県に生まれ、京都にあった福井石鹸に入社。工場長を経て37歳で独立したが、その勤勉実直のまじめな人柄は多くの人から慕われた。地域社会への奉仕にも熱心で、日本赤十字社や保育施設などに多額の寄付をした。

創業当時は約1,000平方メートルの敷地に500平方メートルの工場と居宅を建設し、独自製法による洗濯石鹸を製造。10年後の大正5年には化粧石鹸の製造にも乗り出し、今日の基盤ができあがった。

創業者 小川竹次郎

東南アジア、中南米への輸出

当時の業界では、第一次世界大戦による原料の入手難から石鹸原料の研究が進み、コスト競争では諸外国より優位にあった。弊社は、中国をはじめ東南アジア、インド、アフリカ、中南米に至るまで、化粧石鹸生産量の80%を輸出し事業拡大に努めた。化粧石鹸第1号である高級香水石けんの「白蘭花」(主に中国に輸出)は大ヒット商品となり、そのほか「雪の肌」「月輪」「宝冠」など(いずれも臼社ブランド)を販売。

第一次世界大戦終結後は、石鹸原料の暴落に伴い石鹸の価格も暴落。さらに金融恐慌は業界にも深刻な打撃を与えたが、弊社では自社ブランドの開発や輸出、廃液グリセリンの販売などを強化した。

全てが戦火に…

大正15年、後に第二代社長となる松葉佐小蔵が入社した。小川石鹸製造所では技術部員兼営業部員として勤務するかたわら、夜学に通い、旧制中学の検定試験に合格。回転式(火力)の生地乾燥機を発明するなど活躍の場を広げていった。佐小蔵は後年、養子縁組により小川姓を名乗ることになる。昭和16年、時局は第二次世界大戦に突入した。戦局の激化により原料が入手困難となり、石鹸の生産は極度に減少。昭和20年3月には大阪空襲により工場・事業所が全焼。一時期営業を中断せざるを得なくなった。
同年1月、創業者小川竹治郎は和泉市の疎開地で77歳の生涯を閉じた。

昭和22年 工場再建

昭和22年10月、亡父の遺志を継いだ小川佐小蔵が焼け跡を整備し、石鹸工場を再建。「株式会社小川石鹸製造所」を設立して代表取締役に就任した。事務所と660平方メートルの工場、化粧石鹸1ラインと洗濯石鹸1ラインの設備での再スタートだった。

終戦後しばらくは石鹸の配給制が続き、粗悪で高価なヤミ石鹸が出回っていた。佐小蔵は在阪の浴用石鹸メーカー数社と協力して政府に働きかけ、白由販売できる「マル証石鹸」を勝ちとった。

昭和25年には石鹸の配給規制、価格統制が撤廃されたことにより「マル証石鹸」も廃止。翌年には在阪の石鹸メーカー32社で大阪府石鹸工業協同組合を結成した。昭和30年代に入ると経済も復興し、消費文化が盛んになった。石鹸業界も宣伝の時代に入り、大手と中小企業の格差が広がる中、弊社では他の中小メーカーと差異化を図っていった。

昭和32年11月 新工場・新社屋

本社と工場を西成から八尾市(現在地)へ移転。
825平方メートルもの新工場には、ボイラー室、
鹸化釜三基、クーリングローラー、
自動乾燥機を完備。
また、全国的な販路開拓に乗り出し、
量販店市場の開拓は、
石鹸メーカーの中で弊社が先駆けとなった。
昭和33年には販売拡大のため東京都練馬区に
東京営業所を開設。翌年には台湾と技術提携、
昭和46年には韓国・東山油脂に技術指導におもむき、
海外進出も意欲的に取り組んだ。

昭和37年ごろ 大阪工場風景

人と企業の品性を高めて

昭和40年代から50年代にかけて、ドルショック、オイルショック、天然油脂原料の暴騰などの試練も続いたが、迅速な対応で乗り越えていった。また、昭和51年には「株式会社マックス」に社名を改め、昭和57年には本社社屋を新設し、充実した研究設備を完備。高品質石験の生産を可能にする高度な品質管理体制が完成した。

MAX スペシャルセット シャープ洗濯石鹸 MAX 赤ちゃん石鹸6コ入缶 MAX レモン石鹸 MAX シャーベットカラー

昭和62年 自社クリエイティブオフィス

昭和60年、創業80周年を区切りに社長に就任した小川寛は、3名の女性スタッフを起用した企画・デザイン室を設置した。女性の視点で自分が良いと思うもの、買いたいと思うものを追求した商品は次々にヒット。石鹸を単なる消耗品として捉えない、ライフスタイル提案型石鹸のパイオニアとなった。

昭和62年、大阪市内にクリエイティブオフィスを設立。伝統を越える「若い力」と「グローバルな視野」で付加価値のある新たな商品開発を目指す。その思想のもと、販売促進、商品企画開発、パッケージデザイン、展示会のスペースデザインを展開した。

MAX カラーボールソープ 湯化粧小町 MAX スペシャルセット マックスアロッシュセット

研究開発室が創る新時代の商品

素材から石鹸を製造する弊社にとって、研究部門は大切な鍵となる。そこで自社内にその研究施設を設け、新たな素材や技術開発も強化。通常の3倍の鉄骨を組み込んだ超精密計量てんびん室をはじめ、当時の最先端設備の数々を整えた。

本施設での研究成果は、数々の特許を申請する製品を生みだし、100年以上を経た今でも続くヒット商品となっている。

上) 88年当時の企画室 下) 88年当時の研究室

平成9年 液体石鹸工場竣工

平成9年、小川裕吉が四代目社長として就任。
また、生産コストの削減、製品開発、製造の展望を見すえて、新工場を奈良県橿原市に竣工した。
ボディソープやシャンプー、リンスなどを生産する液体製品専用工場で、1日に1万2千本以上の生産を実現。
和風アロマ入浴剤の「あろまじゃばん」「ドラえもんソープ」「ドラえもん入浴剤」など、時代に合わせた製品を続々提案している。

奈良工場内部 仕上げ加工風景

マックスガーデンビレッジボディソープセット ハーバルバレーエクセレンス セパソープセット 湯化粧小町入浴剤セット

平成13年 新設備の導入

平成13年には本社内の石鹸製造施設を一新し、従来の4ラインから6ラインに増設。大量から小ロットまであらゆるニーズに対応可能となった。
奈良工場には入浴剤部門を移転し、本社大阪工場は石鹸生産のみ行い、より効率的な生産体制を実現させた。

マックスの新商品開発

平成初期より、マックスは和風化粧石鹸「湯化粧小町」や「スティックソープ」を開発。これまでにない斬新さが当時の市場を賑わせた。
以来、百貨店、専門店のギフトルートを次々に開発。市場は中元・歳暮のギフト需要からパーソナルギフト需要へと向かう中、試行錯誤の末の新しい取り組みや商品を生み出し、その成果は明確な数字として現れた。

製品の製造状況、常にチェックを欠かしません

「豊泡石けん・温故知新シリーズ」の誕生

「安ければ、粗悪品でもいい」時代は去り、真に質の良いものでないと生き残れない。 マックスはそんな時代のニーズに応える「豊泡石けん・温故知新シリーズ」を販売。従来品より豊かな泡立ちを追求し、日本古来の食物を配合。肌にやさしい石鹸をアピールし注目を浴びた。

また、ギフト用新商品として世界的な絵本のライセンスブランド「パーティウィズミッフィー」を販売。若い女性を意識し、あめ玉をイメージした包装のミニソープが好評を博した。

新商品開発のアイデアミーティング

豊泡石けん・温故知新シリーズ

これからの100年に向かって

平成21年、大野範子が五代目社長として就任した。
マックスが開発した石鹸や、入浴剤等の製品を、営業、生産技術、購買などのあらゆる部門が力を集結。ニーズを的確に捉え、お客様を納得させる迅速な戦略や行動こそが、次の100年に向けた課題のひとつである。変化する時代の中で、変わらず石鹸づくりを追求してきたマックス。これからも、いつでも前を向き、社員一丸となって取り組んでゆきたい。

  • 現在のマックス本社
  • マックス奈良工場

「柿のさち」シリーズ

柿のさちサイトのTOPページ
  • マックスの歴史 詳しくはコチラ
  • 品質へのこだわり 詳しくはコチラ
ページトップへ